2008年03月20日

Zopa個人間融資サービス

個人間融資サービスのZopaについて記事が出ていました。
元々イギリスでやっていたサービスが日本に進出するらしいです。
早い話、ネットを使い個人間で融資するという仕掛け。

イギリスでは貸し倒れ率0.1%とか。驚きです。

これを実現するには、信用情報が必要ですね。
相手が確かかどうかわからないとちょっと怖い。
記事にも書かれていますが、日本の信用情報は消費者金融業界が地道にためた物。これはよそ者においそれとは見せられないでしょうね。
しかも、自分のテリトリーを侵しかねない相手ですから。

似たサービスでProsperというのがありますね。

日本でこの種のサービスはどうなのでしょうか?
貸金業にひっかかるんじゃないのかな?
行政上クリアすべき問題が多いのではないでしょうか?

貸し倒れ率が低いことについて、記事では
「見知らぬ人であるから余計返そうとする。」
とあります。

確かに、下手すると何されるかわからない怖さがあるかも。
貸す方も怖いですが、借りる方も怖いかもしれませんね。
相手がやくざだったり・・・。

相手が貸し倒れたら、債権回収は自分でやるのかな?
だとしたら、上記はわからないでもないな・・・・。

まぁ、様子見ですね。




posted by minoru at 03:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。