2014年09月04日

成長する組織の問題?

最近思うのが、成長しつつある企業での業務の滞りが多くなること。

今まではなんとかうまく行っていたのに、規模が増えるにつれて急に効率が落ちる。
これよくあるケースです。

原因何かご存知でしょうか?

実は、役割分担が曖昧なんですね。

5人程度のチームでは明確に役割分担を決めなくても、なんとか回ります。
これはコミュニケーションパスが10個くらいだからです。
(一人が4人と話す。それが5人分。これで20。相互だからその半分=10)

ではこれが10人になるとどうなるかというと、45になります。
人数は倍ですが、コミュニケーションパスは4.5倍になるわけです。

業務を回すために単純に人員を増加するとこうなるわけです。

これは体感している人は多いと思います。
「4〜5人のチームだと、阿吽の呼吸でできるんだよね」

人数を増やすと、そのコミュニケーションパスを明確にしないと混乱するということです。

実はこれ、システム設計とまったく同じなわけです。





posted by minoru at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。