2013年10月22日

ポイントはそこじゃないです・・・

仕事上の話。

「ここの部分説明はより具体性を増すため、市場調査データなどを入れた方がいいな。」
というコメントに対し、
「これは新規事業ですから統計データはありません。」
という返事。
よくありませんか?

これは手段を目的化してしまったための回答。

本来の目的は「より具体性を増したい。」なんですね。
要は報告の際に、こちらがいかにきちんと物事しらべて進めているかをアピールしたいというのが本来の目的。
その一つの例として「市場データ」を取り上げたにすぎないわけです。

なんか前の会社でもありました。
「IT技術の応用を考えるために、Twitterをやるように!」と言うお達し。
で、
「さっそくアカウントとってはじめました!つぶやいています!」とアピールした人。

ポイントはそこじゃないです。
あくまでもIT技術のビジネスへの応用が目的。Twitterは手段。
まぁ、アカウントとるのは必要条件ではありますが・・・・。

真の意味を伝えられないから、「比喩表現」を使う。
「(たとえば)○○してみる。」
でも、真の目的はそこにないことが多いんですね。

結構気が付いていない人多いです。


posted by minoru at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。