2012年09月11日

党を割った責任?

政党の代表選挙が始まりましたね。

まぁ、本音で言えば、そんなことやっているより国政をして欲しいとは思うのですが、
中でも気になる発言がたので取り上げてみました。

民主党の代表選で言われている、
「(野田さんの)割った責任」というのが上がっています。

個人的にはこれは変だなぁ・と感じています。

つまり、「そもそも理念が異なる人達が一緒になっている方が問題。」
だと思うんですよね。

なんで、「膿出し」というのが正しいと思います。

確かに、党としては数が。
さらに国会議員まで減ったので。

ただし、これについては本来は離党したら議員辞職がたり前とは思うのですけどね。

まあ、大事なのは理念が異なる人たちをしてはいけない!」ということです。

理念はマニフェストとは異なります。
マニフェストは何かを実現するためのビジョン、スコープ。

理念はそのあるもの。
例えば

・我々は国民の生活を第一に考えます
これは理念ですね

つまり、党利党略まずは国民のために最も選択するということです。

あと、加えて欲しいとなれば
・我々は何かしらのンダルを起こした場合、いかなる理由であっても政治生命を断つことを誓います。
かな。

これは英国はそうだそうですよ。

つまり、「国民の予算として自由に扱える絶大的なパワーを与える」からには
それくらいの清廉潔白な人間でなければいけないということです。



posted by minoru at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。