2012年08月20日

SI、SEというのは日本独自の言葉?

システムインテグレータ(SI)とかシステムエンジニア(SE)というのは日本特有だと言っている人がいました。

日本では優秀なSIがいるので、顧客が育たないという話です。

確かに日本のシステム開発を見ると、ベンダー丸投げが多いような気がしますね。

システム部=予算管理、ベンダー管理を仕事と思っている人が多いようです。

ベンダー見れば「提案して!」と言ってるんじゃないかな(笑)

ITは既にビジネスの根幹。これを他人任せで良いわけ無いです。

おとなりの韓国の状況をみると全然違いますね。

ちゃーんとCIO(チーフインフォメーションオフィサー)がいるわけです。

ベンダ任せ?ありえませんね。

こういうところで差が出てくるのでしょうね。


posted by minoru at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。