2010年02月10日

ゲームプログラマーへの道 その20 ミュージックモード

久々に書きます。

ゲームプログラマー回顧録です。

ゲームのメインプログラムもほぼ終わり、音楽の微調整などしていたのですが、ファイナルゾーンの音楽は非常に良い音楽でした。

このままじゃ、もったいない・・・

ということで、作ったのがミュージックモードです。

音楽だけ聴くことのできるモードを作りました。

ここでもミュージックドライバーフェイドアウト機能など、フルに使っています。

このころはプログラマーの裁量でなんでもできた時代です。

勝手にプログラム書いて乗せちゃったわけですから。
でも、それが今では結構当たり前になっているのですね。

前にも書いたように、バグをわざと生かして絵を描き換えるなんて・・・今では無理なんじゃないでしょうか?

古き良き時代ですね。

でも、自分の作品が世の中に残るというのは、感無量です。



posted by minoru at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプログラマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック