2013年09月04日

IT部門の悩み?

あるところでのお話。

IT部門のモチベーションが上がらないとのこと。

話をきいてみると、ほとんどの部員は
IT=システムのお守
という意識が強いようです。


確かに、トラブルとなると夜中でも呼びだされる。
トラブルで怒られることはあるけど、ほめられることはない。
(営業などは売上上がればほめられるのですが・・・・)

確かに良く聞く話です。
IT部員を上記のように扱っている経営の方も多く見てきています。
IT部門の役割を分解すると

・設計
・開発
・運用

になります。

で、ここで重要なのは実は「設計」なんです。


「設計なんて要望を整理するだけじゃないの?」

確かにそういう人も多いです。「要件定義」だけやってあとはお任せ。


実はこれが大間違い!


この「設計」という作業。結構奥深いのですよ。


事業計画、将来の方向性まで考慮することが非常に重要。
さらに企業として差別化する部分か、そうでないかでも方針が異なります。

そこまで考える作業なわけです。

(IT設計を家の設計におきかえるとわかりやすいと思います。
 将来増改築をしたければ木造軸組み、海外の輸入窓、ドアならやはり2x4という構造。
 将来子供が増えるのであれば、こういう間取りに・・・・
 
 というように、いろんな目的により設計が変わってきます。)

これにより、後ろの開発、運用が大きく影響を受けます。


IT依存の高い企業であれば、企業生命を左右しかねない部分。


こう考えると、CFO(Chief Finance Officer:財務最高責任者)並みに重要なのですけどね。
だからCIO(Cheif Information Officer:情報最高責任者)が必要なわけで。

でも、ほとんどの企業でこの(真の意味での)CIOはいないようですね。
 私が「この人はCIOだ」と認める方はごくわずかです。

ですが、どうすればできるか?どういう人材を選び出すか?
そのノウハウは「ココ」あります!


posted by minoru at 07:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする